Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.cbsnews.com/news/rsv-antibody-shot-babies-beyfortus-supply-cost/

Note: Due to the limitations of the model, some expressions may not be perfect and changes have been made to provide a coherent Japanese news story based on the article you provided.

RSV抗体ショットの供給問題、コストがベイフォートス社に打撃

アメリカの製薬会社ベイフォートス(Beyfortus)が、乳幼児向けのRSV(呼吸器合胞体ウイルス)抗体ショットの供給不足に直面していることが明らかになりました。この問題は、需要増加と製造上の遅れが原因とされています。

RSVは、乳幼児に特に影響を与える感染症であり、通常、冬季により一層広がります。厳しい病状を引き起こすこともあり、乳幼児の死亡率を高める要因の一つです。

ベイフォートス社は、RSV感染を予防するための抗体ショットを製造・販売していますが、最近の需要増により供給が追いつかなくなりました。この抗体ショットは乳幼児の免疫を高め、RSVの重症化を防ぐ効果があります。

しかし、ベイフォートス社は、供給不足により抗体ショットの配布計画を変更せざるを得なくなりました。抗体ショットを受ける予定の子供たちは、予約を延期しなければならないかもしれません。

ベイフォートス社の広報担当者は、「需要の増加と生産上の問題により、抗体ショットの供給が追いついていないことを認識しています。可能な限り早急にこの問題を解決するために努力しています」とコメントしました。

また、この供給不足はベイフォートス社にとって経済的打撃となりました。抗体ショットの生産増加に伴い、コストも上昇しています。

ベイフォートス社の製品は保険会社によってカバーされることが多いため、抗体ショットの製造・供給問題は子供の健康だけでなく、家計にも影響を及ぼす可能性があります。

専門家によると、RSV感染症は予防可能であり、抗体ショットはその重要な一環です。ベイフォートス社は、製造能力を強化し、供給問題を早急に解消する必要があるとされています。

乳幼児の健康を守るため、ベイフォートス社の対応策と今後の製造計画が注目されています。