Wed. Apr 24th, 2024

画像の出所:https://la.streetsblog.org/2023/10/11/metro-responds-to-missing-downtown-connector-bikeways-agency-followed-undefined-plans-prioritized-getting-drivers-to-freeway

メトロ、ダウンタウンコネクター自転車道路の不足対応。計画が不明で高速道路への車の優先化を図る
ロサンゼルス – ロサンゼルスメトロ(以下、メトロ)は、ダウンタウンコネクターの自転車道路の不足についての批判に応じ、メトロが計画を明確にせず、車の優先化に重点を置いてきたとの指摘が出ている。

地元ニュースソース「Streetsblog LA」によると、市内の自転車利用者や地域コミュニティメンバーは、メトロのダウンタウンコネクター計画における自転車道路の不足に不満を抱いている。特に、計画が不明瞭でありながらも、自動車ユーザー向けの交通手段が優先されているとの声が挙がっている。

メトロはこれに対し、計画に関する情報の不足を認めつつも、地域の幅広い要件を考慮しており、自転車利用を促進するための取り組みを進めていると主張している。一方、Streetsblog LAは、メトロがダウンタウンコネクター計画の詳細な自転車道路整備予定を提供しておらず、道路の設計において自転車利用者の意見を適切に反映していないと批判している。

この論争は、都市交通政策における自転車利用の重要性をめぐる広範な意見の衝突を浮き彫りにしている。メトロが計画の適切な公開および透明性を確保することで、地域社会の関心や熱意を取り入れた手法を導入する機会が与えられることが期待されている。

ダウンタウンコネクターは、ロサンゼルス市内の主要な交通ハブで自転車利用者がスムーズに移動できるようにする予定だった。しかし、メトロが度重なる計画の見直しや変更を行っているため、自転車道路の整備が遅れてしまっている。

今回の報道により、メトロは計画遂行の透明性と公平性を求められることとなった。今後の動向に注目が集まっているが、メトロは自転車利用者の意見を十分に反映しながら、ダウンタウンコネクターの計画を進めることが求められるだろう。