Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.bostonirish.com/around-town/2023/j-1-experience-provided-her-building-blocks-her-future

2023年3月16日

J-1プログラムを通じた彼女の経験が将来の礎を提供

アメリカ、ビーコンヒル - ボストン市内でのJ-1ビザプログラム体験が、若き女性にとって将来の基盤となった。

2022年にアイルランドからボストン市内の大規模な住宅開発プロジェクトに参加したマギー・オコナーさん(24歳)は、このプログラムを通じて専門知識を習得すると同時に、異文化交流の貴重な経験を積むことができた。

マギーさんは、アイルランドの首都ダブリン出身で、建築技術者としてのキャリアを追求していた。ボストンでは、建設業において一流企業での研修機会を手に入れることができた。彼女は、最先端の建設技術や管理手法について多くのことを学び、世界的な建築プロジェクトに携わった経験を積むことができた。

J-1ビザプログラムは、アメリカ政府が提供する、留学生や非常勤で働く若者たちがアメリカ社会に貢献するためのプログラムである。留学生にとってはプログラム期間中に学ぶ専門知識や文化の習得が目的となり、同時に自国に帰ってからも活かすことができる。

マギーさんは、ボストンでのJ-1プログラムが彼女にとって非常に有益であったと語る。彼女は言います。「ボストンでのJ-1プログラムは、私のキャリアに新たな道を切り開くことができました。新しい技術や異なる管理方法を学ぶだけでなく、異文化交流を経験することで、個人的にも成長できました。この貴重な経験は私の将来において大いに役立ちます。」

一方、マギーさんを受け入れた現地企業も、J-1プログラムによる労働者の雇用が非常に有益であったと述べました。プロジェクトの責任者であるジョン・ハリガン氏(40歳)は、「マギーさんの参加はプロジェクトに新たな若い視点と活力をもたらしました。彼女の熱意と専門知識はプロジェクトの成功に大いに貢献しました。J-1プログラムは、信頼できる才能を確保する上で非常に重要な役割を果たしています。」とコメントしています。

J-1ビザプログラムは、両国の経済および文化交流に寄与している多くの人々にとって、将来への礎を提供しています。彼らの経験と知識は、持続可能な発展や専門技術の向上に不可欠なものとなっており、今後も国境を越えた協力や成長に繋がるでしょう。