Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://nypost.com/2023/10/07/unaccompanied-migrants-kids-are-selling-candy-in-nyc-subways/

ニューヨーク市地下鉄で未成年の移民子供たちがキャンディを売っているというニュースが広がっている。

市内の地下鉄駅でキャンディを売っている子供たちの姿をよく見かけることが最近問題となっている。これらの子供たちは親や保護者と一緒ではなく、一人でこの地にやって来た移民であるとされる。

報道によれば、これらの子供たちは代わりの住所や保護者のいない状況で生活しており、生計を立てる手段として地下鉄でキャンディ販売を行っているという。彼らが販売しているキャンディは、通勤客や地下鉄利用者に対して切望すべきものではないため、地元の人々からは購入を拒否されることも珍しくない。

移民の専門家は、この現象が深刻な社会問題の一部を浮き彫りにしていると指摘している。彼らは、これらの未成年の子供たちは移民の危険な旅を経験し、ほとんどの場合、密入国や人身売買などの被害に遭っている可能性が高いと述べている。

ニューヨーク市の関係者は、これらの子供たちに対して支援策を検討しているとコメントした。地下鉄でのキャンディ販売が子供たちにとって適切な方法であるのかどうか、また彼らの保護や教育のニーズにどのように対応するべきかについても検討が進められている。

市内の警察や保護施設、非営利団体などもこの問題に関与しており、これらの未成年の移民子供たちに対して適切なケアを提供するための支援活動を行っている。ただし、問題の根本的な解決には、移民政策や社会的な保護策の改善が必要とされている。

この問題については今後さらなる議論や取り組みが続く予定であり、未成年の移民子供たちが適切な支援を受けることで、より良い将来が築かれることを期待したい。