Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://www.civilbeat.org/2023/10/hawaii-is-still-struggling-to-modernize-a-50-year-old-computer-and-financial-data-systems/

ハワイ、50年前のコンピューターと財務データシステムの近代化に依然として苦戦

アメリカのハワイ州は、50年前に導入されたコンピューターシステムや財務データシステムの近代化に向けて苦戦を強いられている。

ハワイ州政府は、時代遅れのテクノロジーを使用していることから、政府機関の効率や生産性が著しく低下していると指摘されている。旧式のコンピューターシステムでは、複雑なタスクや大量のデータを処理する能力に限界があり、それにより多くの時間と手間がかかってしまっている。

特に財務データシステムの近代化は喫緊の課題とされており、ハワイ州政府は膨大な財務データを信頼性の高いシステムに移行する必要があると認識している。しかしこの長年にわたる課題に対して、州政府は苦境に立たされている。

専門家によると、必要な予算の確保や専門知識の不足などが、この問題に対する挑戦を困難にしている要因として挙げられている。ハワイ州政府は、近代化に必要な予算を確保するために、他のプロジェクトの資金を削減しなければならなかった経緯がある。

また、テクノロジー業界の急速な進歩により、財務データシステムを最新の技術で更新するという課題は極めて困難となっている。専門家は、ハワイ州政府が一度にシステムを更新するのではなく、段階的なアプローチで対応することが重要だと指摘している。

ハワイ州では、この問題の解決に向けて関係者間の協力やテクノロジー企業の支援を得て、取り組んでいる。しかし、現在もなお設備やシステムのアップグレードには時間がかかっている状況だ。

ハワイ州政府は、遅れているテクノロジーの近代化を急ぐ必要があり、早急な解決策を模索している。ハワイの経済や行政機能を効率的かつ現代的にするためには、この問題の解決が不可欠であると言える。関係者や専門家の期待も高まっており、今後の取り組みが注目されている。