Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://abcnews.go.com/US/shark-attacks-fisherman-kayak-off-coast-hawaii/story?id=99327177

ハワイ沖でサメが漁師が乗っていたカヤックを襲撃

ハワイ州ビッグアイランド沖、漁師が乗っていたカヤックがサメに襲われるという出来事が起きました。この事件は、現地時間で先週の水曜日に発生しました。

ハワイ島の南方に位置するキールア湾で、漁師であるジョー・ラゼルマンさん(Joe Rothermel)が襲撃にあったと報告されています。ラゼルマンさんはカヤックで漁に出かけていた際に、突然サメに襲われたと述べています。

この襲撃はラゼルマンさんがカヤックに乗っている最中に起こりました。彼が水中にいると、突然アカマツカサ(タイガーシャーク)が彼の足を噛みつきました。ラゼルマンさんは慌てて近くのサーファーに助けを求めましたが、サーファーによってこの攻撃は撃退されました。

地元の救命隊が呼び出され、ラゼルマンさんは重傷を負っている状態で病院に搬送されました。彼の足には深い傷がありましたが、幸いにも生命には別状はありませんでした。医師によると、ラゼルマンさんは数週間の療養が必要となる見込みです。

この事件について、ハワイ州の釣り業界では大きな関心が寄せられています。キールア湾には様々な種類の魚が生息しており、特にアカマツカサ(タイガーシャーク)が目撃されることは珍しいことではありません。しかし、数週間前には近隣でサメの活動が活発化していることが報告されており、漁師たちは警戒を強めています。

地元の警察当局は、この事件を調査しており、キールア湾の水域での水上活動に関する警告を発出しました。全ての漁師と水上スポーツ愛好家に対し、安全を最優先にするよう呼びかけています。

これに続いて、ハワイ州の水上活動への規制や安全対策が見直される可能性があります。沿岸地域の住民や観光客が水上活動を楽しむことができるように、十分な安全措置が取られることが望まれています。

注目を集めるこの事件について、ハワイ州の関係者は適切な処置を講じると共に、水上活動の安全確保に全力を傾ける意向です。