Mon. Jul 22nd, 2024

画像の出所:https://www.cnn.com/2023/10/04/health/vegetarian-genetics-wellness/index.html

新研究によれば、菜食主義者の生活スタイルは、遺伝因子にも影響を与える可能性があることが明らかになりました。

米国の最近の研究では、菜食主義者は特定の遺伝子変異を持つ傾向があることが示されました。これにより、彼らが動物性製品を避ける傾向があることが説明される可能性があります。

本研究は、米国国立衛生研究所(NIH)の研究者によって実施されました。彼らは、4,000人以上の菜食主義者と非菜食主義者を対象に、遺伝子検査と健康調査を行いました。

その結果、菜食主義者の集団には、アミラーゼ遺伝子の特定の変異がより一般的であることが分かりました。この遺伝子は、食物を消化するために重要な消化酵素をコードする役割を果たしています。菜食主義者にとっては、植物性食物を効果的に消化する能力が重要となるため、この変異は彼らの食事パターンに関与している可能性があります。

また、この研究では、菜食主義者は肥満や心血管疾患などの慢性疾患に罹患するリスクが低いことも示されました。これは、彼らの食事が健康に与える影響に対する証拠を提供しています。

一方で、非菜食主義者グループには、特に肉類の消化に関与する遺伝子のより多くの変異が見られました。これは、彼らが動物性製品を摂取することが一般的であることを反映したものです。

この研究は、菜食主義者の生活スタイルが個人の遺伝子に影響を及ぼす可能性を示しています。将来的な研究により、遺伝子と食事の関連性が詳細に解明されることでしょう。これにより、個々の人々に合った最適な食事法や健康戦略を提案する上で、新たな知見が得られるかもしれません。

一方で、この研究は個別の人々に直接的な影響を与えるものではなく、菜食主義に移行するかどうかを決定する上で遺伝的要素が主要な決定要因となるわけではありません。今後は、さらなる研究が必要とされ、個別の要素や生活スタイルとの関係性の理解が進むことでしょう。