Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.npr.org/2023/09/29/1202609966/despair-flows-after-englands-sycamore-gap-tree-is-cut-down-could-it-regrow

シンガモア・ギャップの木が伐採され、英国で絶望が広がる−再生可能性はあるか

英国北東部、ノーサンバーランドの美しい風景が一変し、住民たちに絶望感が広まっています。シンガモア・ギャップとして知られる素晴らしいシンボルとなっていた巨大なシナノキが、伐採されてしまったのです。非常に人気があり、たくさんの人々が訪れていたこの場所は、この木の存在によって特別な意味を持っていました。

この木がなくなったことで、地元の人々は深い失望感に包まれています。数十年にわたって地元の風景と共に成長してきた木は、親しまれていた存在であり、多くの人々が思い出を作った場所でした。この木は映画「ロビン・フッド」にも登場し、その美しさと神秘性が世界中に知られていました。

木が切り倒された理由について、地元の環境保護団体は深く懸念しています。伐採の背後には、新たな道路建設計画があるという噂が広がっており、多くの人々がそれに反対しています。彼らは、この地域の美しい景観や環境を損ない、緑豊かな生態系に深刻なダメージをもたらすことを懸念しています。

しかし、一部の専門家は、木の再成長の可能性について議論し始めています。シナノキは、根が健在であれば再生能力があります。地元の植物学者であるジョン・スミス博士は、「シンガモア・ギャップのシナノキの根は強く、地下に広がっているため、十分な栄養と湿気があれば再生する可能性があります」と述べています。

このニュースは英国全土でも大きな話題となっており、多くの人々が木の再生を切に願っています。地元の住民たちは、シンガモア・ギャップの復元に向けて、資金の募集や署名活動などを行っています。彼らが望む美しい景観と環境の回復が実現することを願うばかりです。

この事件は、新たな道路建設計画と自然環境保護の間に生じる緊張を再び浮き彫りにしました。今後、地元当局と環境保護団体との間でなるべく早い解決策を見つけることが求められるでしょう。シンガモア・ギャップの木の再生が果たされ、地元の住民たちが笑顔を取り戻す日が再び訪れることを期待しています。