Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.foxnews.com/us/chatbots-can-now-talk-but-experts-warn-they-may-be-listening-too

ロボットが喋っても、一緒にいる間に会話内容が盗み聞かれるかもしれないという専門家の警告が出ています。最近の研究では、多くのユーザーが自宅に設置されたAI搭載のスピーカーやチャットボットを使用していることが明らかになっています。

ユタ州立大学の研究者たちは、この問題について実験を行いました。彼らは、スマートスピーカーやGoogleアシスタントなどのチャットボットと24時間一緒にいることができる状況を模擬しました。その結果、被験者の約90%が自分のプライバシーが侵害されるのではないかと心配していることがわかりました。

チャットボットは、会話内容を収集・保存することができます。これにより、ユーザーの日常生活や個人情報が漏えいする可能性があります。例えば、ユーザーが自宅に関する情報をチャットボットに話している場合、それが第三者に提供されるとプライバシー侵害につながる可能性があります。

この問題はますます重要になりつつあります。人々がAI搭載のデバイスを日常的に使用する一方で、その中には会話内容を収集したり、他の企業や機関と情報を共有するものがあります。

専門家たちは、利用者がプライバシーに関する設定を明確にすることや、会話内容を保存しないようにするなどの対策を強く勧めています。また、企業側も利用者のプライバシー保護のために必要な対策を講じるべきだと指摘しています。

この研究結果を受けて、ユーザーはチャットボットの使用に慎重になる傾向がみられます。今後、チャットボットのプライバシー関連の問題に関する議論が一層深まることが予想されます。