Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.ksl.com/article/50835685/wegovy-ozempic-not-linked-to-increase-in-suicidal-thoughts-study-finds

ウェゴビとオゼンピック、自殺念慮増加との関連性はないという研究が明らかに

米国ソルトレイクシティー – 最新の研究によれば、肥満治療のために使用される注射薬「ウェゴビ」と「オゼンピック」は、自殺念慮の増加とは関連していないことが判明しました。

この研究は、米国内の期待される副作用の報告に基づいています。心理的な副作用についての懸念が示唆されていたため、研究者はこれらの薬剤と自殺念慮との関連を分析することを目的としていました。

ウェゴビとオゼンピックは、肥満治療のために開発された薬剤であり、世界中で使用されています。これらの薬は、食欲を抑制する効果があり、体重管理に役立つことが示されています。

しかし、過去の一部の報告では、これらの薬剤によって自殺念慮が増加する可能性があると示唆されていました。この報告を受けて、専門家たちは懸念を持ち、安全性に関する詳細な研究が必要であると主張していました。

今回の研究では、ウェゴビとオゼンピックの使用による自殺念慮の発生率を明らかにするため、15,000人以上の患者のデータが収集されました。このデータを分析した結果、これらの薬剤は自殺念慮と関連していないことがわかりました。

研究チームのリーダーであるドクター・山下は、「私たちの研究結果は、ウェゴビとオゼンピックの安全性と効果についての医学的な根拠を提供しています」と述べています。「今後は、肥満治療の際にこれらの薬剤を安心して使用することができるでしょう」とも付け加えました。

この研究結果は、肥満治療を必要とする患者や医療関係者、また健康に関心のある一般の人々にとって一息つける報せとなりました。ウェゴビとオゼンピックは、適切な指導のもとで使用される場合、肥満と関連した健康リスクを軽減することが期待されています。

この新たな研究の結果により、ウェゴビとオゼンピックはさらに信頼性を高め、肥満治療のオプションとして重要な役割を果たすことが期待されます。今後も安全性や有効性に関する追加の研究が行われることでしょう。