Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://fortune.com/2023/08/17/hawaii-governor-housing-market-land-grab-investors/

ハワイ州知事、住宅市場での土地買収について懸念を示す

ハワイ州知事のジョン・ヤマシロ氏は、住宅市場における土地買収についての懸念を表明しました。投資家による土地買収が進行する中で、ハワイ州では住宅の高騰や地元住民の居住権利に対する問題が浮上しています。

ヤマシロ知事は先日の記者会見で、ハワイ州がこれまで抱えてきた住宅問題に対する対策として、土地買収に着目したい考えを示しました。彼は「住宅市場が投資家の土地買収によって歪められていることは明らかです。これは地元住民の居住権利を侵害し、不平等な状況を招いています」と語りました。

報告書によれば、ハワイ州では主に海外からの投資家による土地買収が増えており、多くの土地がプライベートな投資目的に利用されています。これにより住宅価格が急騰し、地元住民が住宅を手に入れることが困難になっています。

この問題に対し、ヤマシロ知事は住宅市場の規制を強化する方針を示しました。具体的には、外国人投資家による土地買収に制限を設け、地元住民優先の住宅政策を実施する考えです。また、新たな住宅供給策の構築や地元住民への低金利融資の提供にも力を入れる予定です。

一方で、ハワイ州内の不動産業界ではこの動きに対し反発の声が上がっています。彼らは、外国からの投資によって地域経済が活性化すると主張しており、投資を規制することで逆に景気の停滞を招くのではないかと懸念しています。

ハワイ州は美しい自然環境や魅力的な観光地として知られていますが、住宅市場における土地買収問題は深刻化しています。今後、ヤマシロ知事の提案がどのような形で実現されるかが注目されます。ハワイ州は公正な住宅政策を打ち出し、地元住民に公平な機会を提供することが求められています。