Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.nbcsandiego.com/news/local/e-bike-owners-want-the-city-of-san-diego-to-lift-the-ban-on-the-boardwalks/3353914/

電動自転車の所有者たちは、サンディエゴ市に対し、ボードウォークでの禁止令を解除するよう要求しています。

サンディエゴ市- 電動自転車(E-バイク)所有者のコミュニティは、市当局に対し、ボードウォークでのE-バイクの禁止令を撤廃するよう求めています。彼らはこの禁止令が適切でないと主張し、規則の改定を求めています。

現在、サンディエゴ市ではボードウォークでのE-バイクの使用が禁止されています。この規制は、従来型自転車との衝突や歩行者への危険が懸念されるため導入されたものです。しかし、E-バイク所有者たちは、彼らの乗り物が従来型自転車と同様に安全であることを主張しています。

E-バイク所有者の1人であるジョン・スミスさんは、E-バイクが従来型自転車に比べて遥かに安全であると主張しています。「E-バイクは自転車よりも制動力が高く、速度も制御しやすいです。また、デザインも目立つため他のユーザーに気づかれやすく、交通事故のリスクを最小限に抑えられます」とスミスさんは述べています。

さらに、E-バイク所有者たちは、ボードウォークでの規制が彼らの利便性を損なっているとも主張しています。E-バイクは長距離移動や急勾配の坂道でも便利に利用することができ、交通渋滞や駐車場の問題を軽減できる手段です。ボードウォーク禁止令の撤廃により、利用者はより自由に移動できるようになると期待されています。

一方、市当局は現在、この禁止令の見直しに取り組んでいると述べています。市の代表者は、「E-バイクに関する現行規制は、公共の安全と利用者の利便性を正確にバランスさせるために必要ですが、利用者の声を聞くことも重要です」とコメントしました。

市当局とE-バイク所有者コミュニティとの協議が進行中であり、規制の改定に向けた動きが期待されています。どのように解決策が見つかるかによって、サンディエゴ市のボードウォークはより多くの利用者にとって開かれた場所になるでしょう。