Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://abcnews.go.com/US/hawaiis-overtourism-growing-debate-west-maui-reopens-visitors/story?id=103692850

ハワイのオーバーツーリズム、西マウイで再び訪問者受け入れ再開に関する議論が拡大

ハワイ、2022年6月24日 – ハワイの西マウイ地域におけるオーバーツーリズムについての議論が高まっています。先週、西マウイ地域はCOVID-19パンデミック以降、初めて観光客の再受け入れを開始しました。

ニュースによると、ハワイ州政府は観光業の復興を支援するため、経済活動再開の一環として西マウイ地域を再び訪問者に開放しました。しかし、この決定は地元住民と観光業界の間で深刻な意見の対立を引き起こしました。

現地の住民は、オーバーツーリズムによる影響への懸念を表明しました。通常、美しい景観や静かな雰囲気で知られている西マウイ地域は、過去数年間に観光客の急増に直面してきました。地元住民は、交通渋滞、人口密度の増加、環境への悪影響、地域資源の過剰消費などを訴えています。

しかしながら、観光業界関係者は、経済の復興にとって観光客の受け入れは必要不可欠であると主張しています。昨年の旅行制限による経済へのダメージが大きく、多くの地元企業が打撃を受けました。再開により、雇用が回復し、地域の経済が活性化することを期待しています。

この論争のさなかで、地元住民と政府や観光業界の代表者との間で協議が行われました。地元住民団体はオーバーツーリズムを緩和するために、観光客の制約や規制を求めています。一方、政府や観光業界は、持続可能な観光モデルの探求や観光客の配慮、地域の資源保護に向けた取り組みを公約しました。

西マウイ地域の再開はイベントやホテルの予約の急増をもたらしました。これにより、地元経済活動は再び活発になっています。しかしながら、オーバーツーリズムの根本的な問題を解決するための対話と行動が今後求められることは間違いありません。

ハワイは美しい自然と文化遺産で魅力的な観光地であり続けていますが、持続可能な観光モデルの確立と両立が求められるでしょう。地元住民、政府、観光業界は共同で取り組み、調和のとれた未来を作り上げる必要があります。