Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.cbs8.com/article/news/local/paradise-at-a-price/report-san-diego-rents-decline/509-4a142662-693d-41de-93da-f484800db8e8

新聞記事: サンディエゴの賃貸料、減少傾向に

【CBS 8】- サンディエゴ, カリフォルニア州- 2019年10月3日

最新の報告によると、サンディエゴ市内の賃貸料が減少傾向にあることが明らかになりました。これは、賃貸市場における新たな変化を予感させます。

不動産情報会社のRentCaféが発表した報告書によれば、サンディエゴ市での平均賃貸料は2019年の第3四半期に、前年同期比で1%以上下降しました。これにより、多くの住民は住宅費用の負担が少なくなる傾向が見られます。

また、報告書では新規入居者にとっても好機をもたらす可能性が指摘されています。特にワンベッドルームのアパートメントでは、一ヶ月あたりの賃料が平均的に$1,613から$1,578へと下落しました。

一方で、家賃減少の主な要因は建設ブームにあります。サンディエゴでは新しい賃貸施設の増加が続いており、さらに競争も増えています。これにより、入居者は手頃な家賃額を求めることができるようになりました。

報告書によれば、サンディエゴ市最高の家賃の地域はミッションベイで平均家賃は$3,140となっています。一方、最も家賃が安い地域はリンデンヒルズで、平均家賃は$1,576となっています。

この賃貸市場の変動は、サンディエゴ市内で住居を探している人々にとって好都合な状況といえるでしょう。しかしながら、市場変動がどのくらい継続するのかはまだわかりません。

専門家は、これらの低迷傾向が一時的なものである場合もあると指摘しています。今後の市場の動向に注目が集まる中、住宅市場はより一層の変化を期待されています。

【原文記事】
https://www.cbs8.com/article/news/local/paradise-at-a-price/report-san-diego-rents-decline/509-4a142662-693d-41de-93da-f484800db8e8