Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.8newsnow.com/news/local-news/fate-of-loved-pink-elephant-statue-unclear-as-historic-las-vegas-strip-motel-closes/

ラスベガスストリップの歴史的モーテルが閉鎖される中、愛されたピンクの象の像の運命は不確かなままです。

近年、ラスベガスストリップにある象徴的な建築モーテルである”ロイアル・ネヴァダ”が閉鎖されることとなった。このモーテルは多くの観光客に愛され、中でもその正面に立つピンク色の巨大な象の像は地元住民や観光客にとって特に思い出深い存在であった。

しかし、ロイアル・ネヴァダが閉鎖されることで、この愛された象の像の運命は不透明となっている。現在、このピンクの象は置かれるべき場所が見つかっていないため、一体どうなるのかは未定となっている。

ロイアル・ネヴァダの象の像は、モーテルが開業した1957年以来、ストリップのランドマークとして存在してきた。地元の住民にとっては、このモーテルが一つのシンボルであり、象の像は幼少期の思い出の一部となっている。

この象の像についての意見は二分されている。一部の住民はこの象の像を保存すべきだと主張しており、モーテルが再オープンするまでの一時的な保存方法を求めている。一方、他の住民は象の像を解体し、その場所に新しい建物を建てるべきだと主張している。

これまでに、ロイアル・ネヴァダのオーナーや市当局はどのようにするかについて公式な発表は行っていない。しかし、多くの住民たちや観光客は、この象の像が街の一部として保存されることを強く望んでいる。

ロイアル・ネヴァダの閉鎖により、ラスベガスストリップの景観が変化することは避けられません。しかし、この愛されたピンクの象の像がどのようにして扱われるのかという疑問は、地元の人々や観光客の間で大きな関心事となっています。今後の発表や協議を待ちながら、住民たちは愛すべきアイコンの未来を見守っています。