Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://patch.com/massachusetts/boston/boston-city-council-calls-hearing-changing-name-faneuil-hall-over-ties-slavery

ボストン市議会、奴隷制との関連性を理由にフェニール・ホールの名称変更を求める公聴会を開催へ

ボストン市議会は、奴隷制との関連性を理由に歴史的建造物「フェニール・ホール」の名称変更を求める公聴会を開催することを決定しました。

フェニール・ホールは、ボストンにおける重要な観光名所であり、歴史的な意義を持つ建築物です。しかし、この建物の名前には奴隷制度と深い関わりがあるとして、名称の変更が議論されることとなりました。

市議会の議員達は、公聴会を開催することで、奴隷制への関与があった人々の名前や記念碑の見直しを目指しています。また、この問題に取り組む際には、市民や関係者の意見を十分に聞くことが重要であると強調しました。

フェニール・ホールの名称は、奴隷制度の時代に奴隷商人であったピーター・フェニールに由来しています。フェニール・ホールが建設された18世紀から20世紀初頭にかけて、北米で行われた奴隷貿易の中心地として知られていました。この背景から、建物の名前には奴隷制度との深い関わりがあると指摘されています。

市議会の公聴会は、市内の国際的な観光スポットであるフェニール・ホールの名称変更をめぐり、地域社会の関心を引きつけるでしょう。議論の余地はあるものの、この公聴会が名称変更に向けた第一歩となる可能性があります。

議会は市民や関係者からの意見を集約し、フェニール・ホールの名称変更について最終的な決定を下す予定です。ボストン市は、歴史的な遺産や人々の感情に敬意を払いつつ、奴隷制度との関連性について真剣に議論を行うことが求められています。

公聴会の日程はまだ確定していませんが、市議会は市民に対して積極的に意見を募り、名前変更についての展望を明確にしていく方針です。今後の動向に注目が集まることとなります。