Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://www.wbur.org/cognoscenti/2023/10/25/boston-city-council-bric-antiterrorism-sarah-sherman-stokes

ボストン市議会、ブリック反テロリズム施策について議論

ボストン市議会では、テロ対策の一環として「ブリック(BRIK)」と呼ばれる顔認証技術の導入に関して、活発な議論が行われています。

地元メディアの報道によると、市議会のサラ・シャーマン・ストークス議員が提案したこの施策は、テクノロジーを活用してテロリズムの予防に取り組むものとされています。彼女は、先進的な顔認識技術を駆使し、市内の公共施設や交通機関でのセキュリティを向上させることで、市民の安全を守ることが目的だと主張しています。

一方で、この施策に対しては、プライバシーへの懸念や倫理的な問題などが指摘されています。グローバルな市民権と個人の自由を保護する必要性を訴える意見も根強く、反対派からは抵抗の声が上がっています。

また、専門家からは、顔認識技術の正確性や運用に関する懸念が述べられています。誤認識や差別的な運用の可能性があるという指摘に対し、シャーマン・ストークス議員は「システムの透明性とホワイトリストの導入により、不正確さや差別は排除できる」と反論しています。

ネット上では、この施策に賛否両論が交錯しており、市民の間でも議論が広まっています。

ボストン市は、過去にテロリズムに苦しんだ経験から、安全対策への真摯な関心を寄せています。しかしながら、テクノロジーの進歩に伴い、公共の安全と個人の権利とのバランスを取る難しさも浮き彫りになっています。

ボストン市議会では、今後もブリック施策について話し合いが行われる予定です。市議会の決定により、ボストンの治安対策は大きく変わる可能性がありますが、議論と様々な意見を踏まえた慎重な審議が求められています。