Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.khon2.com/local-news/affordable-housing-in-hawaii-continues-to-plague-the-state/

ハワイ州の住宅問題が再び浮上

ホノルル、2021年7月12日 – ハワイ州は、住宅問題に直面している。この問題は、州内における手頃な価格の住宅不足により、住民が高い家賃や住宅ローンに苦しむことを意味している。

昨日発表された報告書によれば、ハワイ州では住宅問題が緩和される気配はない。州内の住宅価格は過去数年で急騰しており、多くの人々が手の届かない状況となっている。

ハワイ州初の子育て世帯支援計画である「Kauhale Kamaile」も、州内の住宅不足を解消するための手段として期待されていた。しかし、この計画にも限界が生じていることがわかった。予算の制約、土地の入手難、建設コストの上昇などの問題が、ハワイ州の住宅問題を解決する試みを妨げている。

報告書によれば、ホノルル地区の手頃な価格の住宅供給は、需要に全く追いついていない。低所得者層や中所得者層の家族たちは、週給の半分以上を家賃に費やすことが珍しくない。また、一戸建て住宅の購入は、多くの家族にとって遠い夢になってしまっている。

また、海外からの不労所得を有する外国人投資家による不動産購入も、住宅価格の上昇に拍車をかけている可能性がある。これにより、地元の住民はますます苦しむこととなっている。

ハワイ州政府は、この深刻な問題に対処するための対策を急務としている。予算を割き、より多くの手頃な価格の住宅を供給するための取り組みを強化する必要があるとの声が上がっている。

地元の住民は、「私たちは生まれ育ったこの土地で暮らす権利を持っています」と主張している。将来の世代のためにも、急速に解決策を見つけ、ハワイ州内の住宅問題を取り組むべきである。