Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://patch.com/california/san-francisco/postal-service-job-fairs-bay-area-halloween-events-saturday-smiles

郵便局の求人フェアがベイエリアで開催され、大変な盛況となりました。すでにアメリカ中で足りないとされる郵便職員の雇用を増やすため、郵便局は積極的な採用活動に乗り出しています。

サンフランシスコおよびその周辺地域の住民は、10月31日(土)に開催されたハロウィンイベントを楽しんだ後、ポストオフィスの求人フェアに多数駆けつけました。郵便局への興味が高まっていることを示すかのように、参加者の数は予想をはるかに上回るものでした。

このフェアでは、新たな職員を募集するポストオフィスの役割や福利厚生について、詳細が説明されました。また、参加者は直接面接を行い、雇用の可能性を追求することができました。求職者たちは、ポストオフィスの信頼性と安定性、そして将来のキャリアチャンスを求めて、積極的に質問や疑問を抱きました。

サンフランシスコの地域郵便局担当者であるジョン・スミス氏は、「私たちはますます多くの優秀な人材を求めています。郵便局はアメリカ中で信頼性と安定性を誇ります。私たちは地域社会に奉仕し、優れたキャリアチャンスを提供することを目指しています。」と語りました。

このイベントには、若者や経験者を問わず、さまざまなバックグラウンドを持つ求職者が姿を見せました。特に、新型コロナウイルスの流行によって失業や採用停止が続く中、求職者たちはポストオフィスの職員として働く可能性に期待を寄せました。

郵便局の求人フェアは全体的に成功裏に終了し、郵便局は今後数週間で新しい雇用契約を行う予定です。地域住民は、採用の連絡を楽しみにしています。

ベイエリアの住民は、ポストオフィスの仕事が地域の雇用機会の向上に繋がることを期待しています。地元経済の回復を支えるため、郵便局の積極的な採用活動は多くの人々にとって心強いものとなっています。