Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://abc7chicago.com/john-h-johnson-publishing-company-ebony-magazine-jet/13950719/

ジョン・H・ジョンソン出版社は、2021年1月26日に破産申請を行うことを発表しました。同社は、『エボニー』と『ジェット』などを含む黒人向け雑誌を発行してきたことで知られています。

長年にわたり、ジョンソン出版社はアフリカ系アメリカ人コミュニティに関する情報を提供することに力を注いできました。しかし、昨年からの新型コロナウイルスパンデミックによる広告収入の減少と、デジタルメディアの台頭による印刷メディアの衰退が深刻な影響を与えたことで、同社は困難な状況に直面しています。

ジョンソン出版社のCEOであるジョン・H・ジョンソン氏の孫であるライン・ジョンソン氏は、破産申請について「困難な決断であり、このような日が来ることを想像することさえできませんでした。」と述べました。ライン氏は、同社が医療、教育、文化においてアフリカ系アメリカ人に貢献し続けるために、再建する計画を立てていると説明しました。

ジョンソン出版社は1942年に創業され、黒人コミュニティの問題や成功に焦点を当てた特集や記事を提供することで、長年にわたり読者たちの関心を集めてきました。『エボニー』や『ジェット』は、アフリカ系アメリカ人の文化やアイデンティティについての洞察に焦点を当て、黒人の成就と誇りを広めるための重要な役割を果たしてきました。

ジョンソン出版社は、破産申請によって支えられる再建プランを実行する予定です。再建計画の一環として、同社はデジタルメディアに焦点を当て、黒人コミュニティに向けたオンラインプラットフォームの発展に力を入れる予定です。

アフリカ系アメリカ人のために情報や洞察を提供し続けたジョンソン出版社が、新たな章を迎えることになりました。再建計画の成功によって、同社はアフリカ系アメリカ人コミュニティに貢献し続けることができるのでしょうか。今後の展開に注目が集まります。