Mon. Jul 22nd, 2024

画像の出所:https://www.silive.com/news/2023/10/if-you-see-these-stinky-seeds-smashed-on-nyc-sidewalks-cold-weathers-on-its-way.html

ニューヨーク市の歩道に臭い種が潰されているのを見かけたら、寒い季節が近づいているサインです。

最近、ニューヨーク市の歩道で、不可解な現象が繰り広げられています。歩く人々が悪臭を放つ種を見つけ、踏み潰しているのです。これは地域の住民にとって、寒冷な季節が迫っている印象的な兆候となっています。

これらの異臭を放つ種は、香水のような強烈な匂いを放ち、通りすがりの人々を不快にさせています。歩いている人々がこれらの種を踏みつけると、その匂いは一層強烈になり、周囲に広がってしまいます。

関係者によると、これらの種は”アンジェリカの種”と呼ばれるもので、寒冷地で育つ植物の種です。冷たい季節がやってくる前に潰され、その匂いが周囲に広がることで、寒さの到来を予告しているのです。

専門家によれば、アンジェリカの種は通常、米国内ではあまり見られない珍しい種ですが、温暖化の影響でニューヨーク市でも生育できるようになったと考えられます。現在の気候変動の影響を示すものとして、研究者の間で注目を浴びています。

この種の存在は、他の寒冷地域でも報告されており、気温が下がる前に発芽することで寒さの予兆となることが知られています。しかし、これまでにニューヨーク市での報告はほとんどなく、市民にとっては新しい現象です。

地域の住民は、これらの異臭を放つ種について知識を深めるよう呼びかけられています。また、アンジェリカの種が歩道に集まるのは、市内の気候が急速に変化していることを示唆していると指摘する専門家もいます。

この現象については今後も注意が必要であり、寒冷な季節が近づくにつれて異なる種が現れる可能性もあるため、市民は警戒心を持つことが重要です。