Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.10news.com/news/local-news/san-diego-federal-judge-again-overturns-california-assault-weapons-ban

カリフォルニア州の襲撃兵器禁止法を再び破棄、サンディエゴの連邦判事が判決を下す

サンディエゴ – カリフォルニア州の襲撃兵器の所持禁止を定めた法律が、連邦判事によって再び破棄されました。これにより、州内での襲撃兵器の取り扱いが制約されなくなる可能性が出てきました。

カリフォルニア州では、2016年に襲撃兵器の警察および市民への所持および販売を禁止する法律が施行されましたが、連邦判事によって無効とされ、今回で2回目の破棄が確定しました。判事は、この法律が連邦憲法修正第2条の銃規制を違反していると述べています。

この判決により、カリフォルニア州内での襲撃兵器の所持制約が緩和されることになります。州内の多くの銃所有者は、この判決を歓迎しており、彼らの憲法上の権利が保護されたと主張しています。

一方で、州内の一部の住民や銃規制団体は、この判決に失望しています。彼らは、この判決が公共の安全を脅かし、銃犯罪の増加につながる可能性があると懸念を示しています。

カリフォルニア州政府は、この判決に対する上訴を検討していると報じられています。一方で、銃法の改正を求める支持者も、今後の動向に注目しています。

連邦判事の判決は、カリフォルニア州全体および全国の銃規制法にも大きな影響を与える可能性があります。今後、この判決により関連した法律の再評価や再施行が行われる可能性があります。

今回の判決は、銃規制についての議論や意見の対立を浮き彫りにしました。カリフォルニア州を含む全米では、銃の所持に関する法律についての議論がますます活発化することが予想されます。