Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.curbed.com/2023/10/legal-weed-dispensaries-locations-new-york-city-delay.html

ニューヨーク市の合法大麻販売所の立地決定が遅れる

ニューヨーク市の合法大麻販売所の立地決定が遅れていることが明らかになりました。この件に関しては、市当局者が入札プロセスが予定よりも時間がかかっていると説明しています。

市は、合法大麻販売のために10か所の店舗を開設する計画を立てており、これによって州政府の大麻合法化法が実現することとなります。しかし、この計画は現在、予想されていたスケジュールよりも遅れているようです。

市当局者によると、入札プロセスの遅れは、予想外の需要に対応するために追加のリソースを確保する必要があったためだと説明されています。近年の大麻規制緩和により、多くの人々が合法的に大麻を購入することができるようになり、市当局者は需要の増加に対応するための対策を講じる必要があったのです。

その一方で、業界関係者からはこの遅延に対する批判の声も聞かれます。彼らは、この問題は市の予測不足や適切な計画が行われなかったことによるものだと主張しています。また、市の遅れが合法大麻販売の立ち上げを遅らせ、市が大量の収益を失う可能性があるとも指摘しています。

ニューヨーク市の大麻規制は、国内外から注目を浴びており、合法大麻業界における重要な一歩となります。しかし、この立地決定の遅れにより、市が予定通りに合法大麻を提供することができるのか、今後の展開が注目されます。

市当局者は、遅れを取り戻し、合法大麻販売所の実現を目指すために作業を進めていくとしています。ニューヨーク市民にとって、市内での合法大麻購入の実現は待ち望まれているだけに、この問題の早期解決が望まれるところです。