Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.khou.com/video/news/local/hisd-has-hundreds-of-unfilled-crossing-guard-positions/285-ad47a147-f0ab-4078-ab5d-e3098c846e12

<見出し>
HISDには数百人の未埋めの横断歩道警備員のポジションが存在

<記事本文>
ヒューストン独立学区(HISD)では、数百人の未埋めの横断歩道警備員のポジションに対して困難な状況が続いている。

地元メディアによると、HISDは現在、学校周辺の横断歩道を監視するための十分な数の警備員を確保できていないという。この問題は、生徒たちが交通事故から守られるために必要な役割を果たす横断歩道警備員の不足に起因している。

HISDの広報担当者によると、特に夕方の登校や放課後の放送時間帯には、交通事故のリスクが高まるため、横断歩道警備員が重要な役割を果たす。しかし、現在、彼らの職位は数百人埋まっていない状態が続いている。

HISDは、警備員の募集活動を強化し、地域のコミュニティメンバーや関連団体に協力を呼びかけている。しかし、現時点では十分な数の志願者が集まっていないため、困難な状況は依然として続いている。

保護者や地域住民たちは、この問題について懸念を抱いており、HISDがこれに対処するための迅速な対策を求めている。多くの人々は、学校の周りで交通事故や危険な状況を未然に防ぐためには、横断歩道警備員の存在は欠かせないと主張している。

HISDは、警備員の不足が生じている理由や解決策について注力して研究していると述べている。今後数週間以内に、この問題に対する具体的な対策策が発表されると期待されている。

HISDの関係者は、この警備員募集の課題を解決するために、地域社会全体の支援と連携が不可欠であると強調している。HISDは学生や保護者の安全を最優先事項とし、横断歩道警備員のポジションの埋め合わせに取り組む決意を示している。