Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://thedailytexan.com/2023/10/09/blanton-museum-expands-latino-art-representation-with-first-curator-of-latino-art/

ブラントン美術館、初のラテン系アートキュレーターでラテン系アートの展示拡大

米テキサス大学オースティン校のブラントン美術館は、ラテン系アートの展示を拡大するため、初のラテン系アートキュレーターを迎えることを発表しました。

2023年10月9日、ブラントン美術館はオフィシャルのメディアリリースを通じて、アドリアーナ・スアレス氏が初のラテン系アートキュレーターとして採用されたことを発表しました。スアレス氏はラテン系アーティストの調査、展示活動、コミュニティとの連携を担当し、ラテン系アートの展示を拡大するための戦略を立案する予定です。

ブラントン美術館のキュレーションディレクターであるサラ・カンテベリー氏は、スアレス氏の採用についてコメントし、「ラテン系アートはテキサスやアメリカの美術界で非常に重要な存在です。スアレス氏の専門知識と経験を生かし、ブラントン美術館は優れたラテン系アートのコレクションを展示し、ラテン系アーティストをより多くの人々に知ってもらえるよう努めます」と述べました。

スアレス氏は、評価されずに忘れられがちなラテン系アーティストの作品を復元し、多様性と包括性のある美術界を形成することに情熱を傾けています。彼女の目標は、ラテン系コミュニティのアーティストと協力し、彼らのストーリーやアート作品をより大きな観客に届けることです。

スアレス氏は、自身のバイリンガルな背景やラテンアメリカとアメリカのアートシーンへの深い関わりを通じて、ラテン系アートにおける固定概念を打ち破り、新たな視点を提供するとして期待されています。

ブラントン美術館は、スアレス氏の就任を通じて、テキサス大学オースティン校の学生や地域社会に向けて、ラテン系アートに関する教育プログラムやイベントの開催を積極的に展開する予定です。

ラテン系アートのコレクションと展示を通じて、ブラントン美術館は多様性を尊重し、包括的な文化的表現を促進する役割を果たすことでしょう。スアレス氏のキュレーションにより、ラテン系アーティストたちの声がより広く聞かれ、理解されることを期待するばかりです。