Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://sfstandard.com/2023/10/09/san-francisco-buildings-department-complaints-illegal-noise-permits/

サンフランシスコ建物管理部門に対する苦情が、違法な騒音許可に関連して増加していることがわかった。市内の住民は、建設現場や周辺地域での騒音レベルの増加に対して不満を募らせており、建物管理部門への苦情が急増している。建築および開発プロジェクトにおける適切な騒音制御が欠如しているという指摘もある。

市の住民であるジョン・スミスさんは、建築現場での機械音や大音量の音楽によって日々の生活に悪影響を受けていると訴えている。彼は「夜間や週末でも、騒音が酷くて良く眠れません。建築現場への苦情を何度も建物管理部門に通報しましたが、問題が改善されることはありません」と述べた。

建物管理部門によると、苦情件数はここ数ヶ月で急増したという。違法な騒音許可が発行されるケースもあり、その結果、周辺住民の生活環境に悪影響を及ぼしている可能性がある。建物管理部門の庁長、山田太郎さんはこの問題についてコメントし「私たちは市内の建設プロジェクトにおいて、騒音制御の適切な実施を求める必要があります。違法な騒音許可は許されるべきではありません。今後はより厳格な対応を取っていくつもりです」と述べた。

市政府はこの問題への対応策を検討している。建築プロジェクトの騒音規制を強化すること、建設現場での騒音量を定期的に監視し、違反があった場合は罰則を厳しくすることなどが検討されている。

市内の住民は、建物管理部門に対し早急な対策を求めている。建設プロジェクトの監督が不十分であることや、違法な騒音許可が発行されるケースの削減が急務であると指摘している。

市は建物管理部門を強化し、市民の生活環境を保護するための措置を講じることを約束しているが、実際の対応には時間がかかるかもしれない。市民はこの問題に注意を喚起し、改善を求める声を一層強めていくことが重要だ。