Thu. Jul 25th, 2024

画像の出所:https://abc7chicago.com/chicago-robberies-noble-square-police-milwaukee-avenue/13875290/

警察によると、ノーブルスクエア地区で最近発生した強盗事件について、そこの住民らは不安を募らせています。

この事件は、先週末にネブラスカ州プラット郡で起きた一連の強盗事件と関連している可能性があると警察は述べています。その一部始終は、現地の警察によって江戸マーケットで撮影されたCCTV映像から明らかにされました。

映像によると、4人の犯人がマスクをつけ、武装したまま江戸マーケットの店内に侵入しました。彼らは脅迫的な態度で従業員と客から財布や携帯電話を奪っていきました。その後、彼らは待ち構えていた車に乗り込み、現場から逃走しました。

警察は犯人の行方を追い、目撃者からの情報を集めています。警察署長は記者会見で、ノーブルスクエア地区の安全を確保するために全力を尽くすと述べました。

この一連の強盗事件により、ノーブルスクエア地区の住民らは心配と不安に包まれています。地元の商店主も、犯人がまだ逮捕されていないことに対して不満を抱いています。彼らは、警察からの迅速な対応と犯人の逮捕を望んでいます。

警察は、地域の安全意識を高めるためにパトロール活動を強化するとともに、住民に対して十分な情報提供を行っています。ノーブルスクエア地区での強盗被害が再び起きないよう、地域の一体感を醸成することが求められています。

この事件を受けて、ノーブルスクエア地区の住民団体は緊急会議を開催し、防犯対策について話し合いました。地元の学校や企業も、警察と協力して安全対策を強化する意向を示しています。

ノーブルスクエア地区の住民らは、事件の影響を最小限に抑えるために、警察と連携しながら身を守る努力を重ねています。