Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.wbur.org/radioboston/2024/05/13/tibbits-nutt-task-force-tranportation-funding-tolls

ボストン、マサチューセッツ州(WBUR)- ボストン市長のマーティン・ウォルシュは、新たに設立された交通資金調達タスクフォースを発表しました。このタスクフォースは、州内の交通インフラへの資金調達に関する提案を検討し、特に高速道路の料金徴収に関する可能性を探ることになります。

このタスクフォースのメンバーには、政府の幹部や専門家が含まれており、彼らは次の数ヶ月で具体的な提案をまとめる予定です。ウォルシュ市長は、「交通インフラの改善は都市の発展に欠かせない重要な部分であり、私たちはそのために必要な資金を確保するために様々な選択肢を検討する必要があります。」と述べています。

特に、タスクフォースは高速道路の料金徴収に焦点を当てており、これによって資金を調達することができる可能性が高いとされています。しかし、この提案には多くの利害関係者からの反対意見も予想されており、議論が激化する可能性もあります。

今後数ヶ月、タスクフォースは様々な提案を検討し、州の交通インフラに必要な資金を確保するための具体的な計画をまとめる予定です。ウォルシュ市長は「私たちの目標は、安定した資金源を確保し、道路や橋などのインフラを改善して市民の生活をより良くすることです。」と語っています。