Wed. Apr 24th, 2024

Month: March 2024

オーロラアベニューはシアトルのゼロビジョンにおける合格不合格テストです。

画像の出所:https://www.theurbanist.org/2024/03/28/aurora-avenue-is-seattles-pass-fail-test-on-vision-zero/ 記事を読んでいただきありがとうございます。以下は、元の記事に基づいて記載された日本語のニュースストーリーです。 シアトルのオーロラ・アベニューは、ビジョンゼロに関するシアトル市の合格不合格テストとなっています。シアトル市は、交通事故をゼロにするというビジョンゼロの目標を掲げているが、実際にはそれが達成されているかどうかは不透明な状況が続いている。 オーロラ・アベニューは、高速道路のような環境で、歩行者、自転車乗り、車の運転手が体験するリスクが高い場所として知られています。この道路では、歩行者と自転車乗りが車に轢かれる事故が頻繁に起こっており、ビジョンゼロの目標とは程遠い状況が続いています。 シアトル市は、オーロラ・アベニューを含む各地域での交通事故を減らすための施策を検討しており、道路の改良や速度制限の導入などの対策が検討されています。しかし、実際にビジョンゼロの目標を達成するためには、より積極的な取り組みが必要とされています。 シアトル市は、オーロラ・アベニューを通じてビジョンゼロの目標を実現するために、さらなる取り組みを行っていくことが求められています。交通事故をゼロにするという野心的な目標を達成するためには、市民の安全を最優先に考えた施策が必要不可欠となっています。

コテックは、ダウンタウンセーフウェイとプレードパントリーに対するボトル法の免除をさらに30日延長します。

画像の出所:https://www.wweek.com/news/2024/03/29/kotek-will-extend-bottle-bill-exemption-for-downtown-safeway-and-plaid-pantry-30-more-days/ Kotek氏、ダウンタウンのSafewayとPlaid Pantryに対する戻り金法免除をさらに30日延長 オレゴン州議会は、オレゴン州下院議長のティナ・コテックが、ダウンタウンのSafewayとPlaid Pantryに対する戻り金法の免除をさらに30日延長すると発表しました。 この措置は、新型コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされたビジネスの困難に対応するために行われています。コテック氏は、この期間中、ダウンタウンのSafewayとPlaid Pantryは戻り金法の適用を受けないことを確認しています。 オレゴン州では、緊急事態宣言が解除された後も、ビジネスが回復するまで支援を続ける方針です。コテック氏は、ダウンタウンのSafewayとPlaid Pantryが再び収集と処分の責任を負うことができるまで、必要な措置を講じる用意があると述べています。 ダウンタウンのSafewayとPlaid Pantryの店舗は、この30日間の免除期間中も、市民に対して安全な環境を提供するための手順を実施します。これにより、顧客や従業員の安全性が確保されるとしています。

ポートランドの医師たちは、国立腎臓月間には腎臓のケアが重要だと言います。

画像の出所:https://www.kgw.com/video/news/health/healthier-together/doctors-in-portland-say-its-important-to-look-after-your-kidneys-during-national-kidney-month/283-d8ec18cc-5f3e-4e41-a7f6-0a8bc72d270c ポートランドの医師たちは、国立腎臓月間中に腎臓の健康を大切にすることが重要であると述べています。 3月は全国的に腎臓月間です。ポートランドの医師たちは、この時期に腎臓の健康に注意を払うことの重要性を強調しています。腎臓は人体で非常に重要な臓器であり、健康な生活を送るためにはしっかりと管理する必要があります。 腎臓は体内の老廃物を除去し、液体バランスを維持する重要な役割を果たしています。しかし、悪い食習慣や遺伝などの要因によって腎臓の機能が損なわれることがあります。そのため、定期的な健康診断やバランスの取れた食事、適度な運動などの対策が不可欠です。 医師たちは、腎臓の健康にはセルフケアが重要であると呼びかけています。健康な腎臓を維持するために、日頃から十分な水分を摂取し、塩分や砂糖を控えた食事を心がけることが必要です。さらに、禁煙や適度な運動を行うことも重要です。 腎臓は健康を維持するために欠かせない臓器です。腎臓月間に、自分の腎臓の健康をチェックし、予防策を取ることが大切です。

バンクーバーの非営利団体、刑務所を出る人やそれを避けようとしているティーンエイジャーに堅固な基盤を提供します

画像の出所:https://www.columbian.com/news/2024/mar/29/vancouver-nonprofit-offers-a-firm-foundation-for-those-leaving-prison-teens-trying-to-avoid-it/ バンクーバーの団体が、刑務所を出る人やそれを避けようとするティーンエイジャーに確かな支援を提供 バンクーバーに拠点を置く団体が、刑務所を出る人やそれを避けようとするティーンエイジャーを支援するプログラムを提供しています。この非営利団体は、これらの若者たちに新しい雇用機会や生活の基盤を提供し、再犯のリスクを減らすことを目指しています。 このプログラムは、地元のコミュニティと連携し、参加者がさまざまなスキルや仕事に必要なアドバイスを受けられるようにしています。団体の代表者は、「刑務所を出る人やそれを避けようとする若者たちが、成功するための必要なリソースやサポートを提供することが重要だと考えています。」と語っています。 また、このプログラムは、参加者たちが新しい友人や仕事仲間とつながることも促しています。これにより、孤立感や経済的な不安を軽減し、再犯のリスクをさらに低減することが期待されています。 団体は、今後もこのプログラムを拡大し、より多くの人々が希望と安定した生活を手に入れられるよう支援し続けることを決意しています。

おはようございます、ニュース:NIMBYたちにとっての悪いニュース、ポートランドのSweet 16、そして共和党は橋の崩落を「多様性」のせいにする

画像の出所:https://www.portlandmercury.com/good-morning-news/2024/03/28/47102186/good-morning-news-bad-news-for-nimbys-portlands-sweet-16-and-republicans-blame-bridge-collapse-on-diversity 2024年3月28日、ポートランド市民にとって朗報とも言えるニュースが舞い込んできた。しかしながら、反対派にとっては喜ばしいニュースではない。地元新聞『ポートランド・マーキュリー』によると、反対派にしては良くないニュースが続々と報じられている。 まず最初に、ニンビー(Not In My Back Yard)として知られる反対派にとっては厳しい報道がなされている。彼らは新しい建設プロジェクトに反対し続けており、その戦いがより困難になるかもしれないという情報が寄せられている。 その他にも、ポートランドのスイート16が開催されることが発表された。地元のバスケットボールチームが勝ち進むことで市民の間に盛り上がりが広がっており、スイート16戦に向けて期待が高まっている。 一方、共和党は最近発生した橋の崩落事故を多様性のせいにしていると報じられている。橋の崩落は深刻な問題であり、共和党のコメントにより議論が巻き起こることが予想される。 これらのニュースは市民全体に影響を与える可能性があり、今後の展開が注目されている。

フェンタニルは死をもたらす:ポートランドの新しい過剰摂取対応チーム、1か月で90件の過剰摂取を目撃

画像の出所:https://www.kgw.com/article/news/local/homeless/fentanyl-overdose-response-team-sees-90-overdoses-in-one-month-portland/283-95aba204-ae44-4012-943e-53ad96232f1c ポートランド市(KGW)-1か月間で90人以上の過剰摂取が報告されているフェンタニルに対する対応チームが対応していることが分かりました。 ポートランド市に拠点を置く対策チームは、フェンタニル過剰摂取で90回以上対応したと述べています。近年、フェンタニルの使用が増加していることにより、地域の健康に対する深刻なリスクが高まっているとのことです。 この対策チームは、一日でも多くの過剰摂取を未然に防ぐことを目的としており、迅速な対応が求められています。これまでにフェンタニルによる過剰摂取による死亡者も多数報告されており、地域社会全体での注意が必要とされています。 市の保健局は、フェンタニルに関する情報を公開し、市民に対して警戒するよう呼びかけています。また、過剰摂取のリスクを抱えている人がいれば、速やかに医療機関に相談するよう勧めています。 フェンタニル過剰摂取に対する取り組みが今後も重要となる中、市民一人一人が安全に意識を向け、予防を心掛けることが求められています。

FBIポートランド部門、FBIティーンアカデミーへの応募を受け付け中

画像の出所:https://ktvz.com/news/government-politics/2024/03/28/fbi-portland-division-now-accepting-applications-for-the-fbis-teen-academy/ FBIポートランド分析は、FBIのティーンエースデミーに応募を受け付けています ポートランド、オレゴン(KTVZ)-FBIポートランド支部は、FBIのティーンエースデミーへの応募を受け付けています。このプログラムは、地元の高校生に連邦捜査局の業務や職責に関する貴重な洞察を提供することを目的としています。 この8週間のプログラムは、10月5日に始まり、最終的に11月23日に終了します。参加者は、週に1回、火曜日の夕方にFBIポートランド支部で集まり、多様なエージェントや専門家からの教育を受ける機会を得ます。 今年のプログラムは、電話、受信、罪悪感、脅威評価、捜査と証拠、および警察化学などの主題をカバーする予定です。 応募条件には、正規の学生であること、少なくとも3.0の平均成績点を維持していること、およびFBIのポリシーに基づいて適格で信頼できる市民であることが含まれます。 応募締切は6月1日です。詳細な情報やオンライン申込書については、FBIポートランド支部のウェブサイトをご覧ください。

イーストPDX主催の「Fix-It Fair」でポートランド市民にお金を節約し、レジリエンスを高める方法を教える

画像の出所:https://www.kptv.com/2024/03/29/thrive-east-pdx-hosting-fix-it-fair-teach-portlanders-how-save-money-increase-resilience/ Thrive East PDXは、Fix-It Fairを主催し、ポートランド市民にお金を節約し、レジリエンスを高める方法を教える ポートランド、オレゴン州– Thrive East PDXは、Fix-It Fairを主催し、ポートランド市民にお金を節約し、レジリエンスを高める方法を教える機会を提供しています。 このフェアは、無料で開催され、さまざまなワークショップやリソースを提供します。市民は、エネルギー効率を改善する方法や食品の保存、修理、再利用などについて学ぶことができます。 Thrive East PDXの代表者は、「地域社会を支援し、持続可能な生活を実現するために、Fix-It Fairを通じて市民にサポートを提供しています。お金を節約し、環境への貢献を高める機会を提供しています。」とコメントしています。 Fix-It Fairは、毎年開催されており、地域社会の結束力を高めるイベントとして評価されています。今後も、より多くの市民が参加し、経済的なメリットと環境への貢献を実現できるよう取り組んでいきます。

意見:迫りくる予算削減がニューヨークの最も脆弱な人々に危機をもたらす可能性

画像の出所:https://www.nynmedia.com/opinion/2024/03/opinion-looming-budget-cuts-could-create-crisis-new-yorks-most-vulnerable/395365/ ニューヨークの最も脆弱な人々に危機をもたらす可能性がある予算削減が迫っています。 最近、ニューヨーク州財務省が行った調査によると、予算削減が実施されれば、市内の最も脆弱な人々に影響を及ぼす可能性があるとのことです。これには、高齢者、低所得者、障害を持つ人々、およびその他の支援が必要な人々が含まれます。 予算削減の影響を最も受けるのは、ホームレスや住宅不安の人々、そして精神的健康上の問題を抱える人々であると言われています。予算削減が行われると、これらの人々はより困難な状況に直面する可能性があります。 ニューヨーク市の行政官は、この問題に対処するために緊急の措置を講じる必要があると訴えています。予算削減が行われる前に、最も脆弱な人々に適切な支援が提供されるようにするための対策を講じることが不可欠であると述べています。 予算削減の具体的な影響や対策については、今後の調査や議論が行われる予定です。今後、ニューヨークの最も脆弱な人々が追加の支援を受けられるように、市当局が取り組んでいくことが期待されています。

殉職したNYPD刑事ジョナサン・ディラーの若い未亡人、NYCの犯罪が悲惨な弔辞の中で螺旋状に膨れ上がることを許す選出された役人を非難

画像の出所:https://nypost.com/2024/03/30/us-news/young-widow-of-slain-nypd-detective-jonathan-diller-rips-elected-officials-for-allowing-nyc-crime-to-spiral-during-devastating-eulogy/ ニューヨーク警察署の殉職した刑事ジョナサン・ディラー氏の若い未亡人が、ニューヨーク市内の犯罪が急増していることを受けて、選出された公職者たちを批判しました。 昨日行われた葬儀で、未亡人は議員や市長たちに対して厳しい言葉を投げかけました。彼女は、「私たちの市は暴力と犯罪に支配され、子供たちは安全な環境で育てられていない」と述べました。 ジョナサン・ディラー氏は、先月の事件で射殺された最新の犠牲者となりました。その後、犯人は逮捕されましたが、この事件はニューヨーク市内での犯罪が悪化していることを示しています。 未亡人は、市のリーダーたちが犯罪に対処するための行動をとらなければならないと強調しました。彼女は、亡くなった夫の犠牲を無駄にしてはいけないと訴えました。 議員や市長らはこの批判を受けて、緊急会議を招集することを決定しました。市内のセキュリティ強化や犯罪抑止策などが議題となる予定です。