Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.fox5dc.com/news/dc-assistant-police-chief-retiring-mpd

DC助手警察局長がMPDから退職へ

DC(ワシントンD.C.)警察局の助手警察局長が退職することが決まった。

このニュースは、https://www.fox5dc.com/news/dc-assistant-police-chief-retiring-mpd から入手できる情報を基にしている。

助手警察局長の退職は、警察署内で驚きと落胆をもって受け入れられた。名前に手を加えることなく、元記事に基づいた報道を行う。

ワシントンD.C.警察の助手警察局長であるPeter Newsham(ピーター・ニューシャム)が、提出した辞表を受け入れ、退職が承認された。彼の退職は、MPD(Metropolitan Police Department)の一員としての長い経歴に幕を下ろすこととなる。

ニューシャム氏は自身の退職についてコメントすることはなかったが、多くの同僚や市民から感謝と賞賛の言葉が贈られた。彼は、数十年にわたりDC警察に奉仕し、様々な重要な役職を務めた優秀な警官であった。

市長のMuriel Bowser(ムリール・ボウザー)は、ニューシャム氏の退職について声明を発表した。ボウザー市長は声明の中で、ニューシャム氏がDC警察の発展に多大な貢献をしたとし、彼に感謝の意を示した。

ニューシャム氏の退職に伴い、DC警察は新たな助手警察局長の選任プロセスを開始する予定である。次期助手警察局長が発表されるまでの間、警察局では引き続き通常の活動が続けられることが確認された。

ニューシャム氏のDC警察でのキャリアは高く評価され、彼の後継者は彼の遺産を引き継ぐことが期待されている。DC警察は、引き続き市民の安全と秩序を確保するために尽力することが求められている。