Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.ktnv.com/news/mgm-resorts-discusses-cybersecurity-f1-as-relocation-in-latest-earnings-call

MGMリゾーツ、最新の業績発表でサイバーセキュリティとF1の移転について議論

ラスベガス- MGMリゾーツは、最新の四半期業績報告において、サイバーセキュリティとF1の移転について話し合いました。

MGMリゾーツは、COVID-19パンデミックによりホテル・カジノ業界が大きな打撃を受けた中で、印象的な業績を発表しました。しかし、同時にサイバーセキュリティの重要性とF1のLas Vegasモータースピードウェイへの移転計画に焦点を当てました。

同社の最高経営責任者であるジム・マレン氏は、業績報告の中で、MGMリゾーツが常に顧客データの安全性を最優先に考えていることを強調しました。マレン氏は、「サイバーセキュリティは現代の企業にとって非常に重要であり、我々は積極的にセキュリティ対策を強化していく」と述べました。また、同社は最新の技術を導入し、サイバー攻撃からの保護を強化するために専門チームを結成しました。

一方、マレン氏はF1のLas Vegasモータースピードウェイへの移転計画についても言及しました。MGMリゾーツは、Las VegasをF1のグローバル拠点にすることで、競技の人気と同時に地域経済の活性化も図る意向を示しました。マレン氏は、「F1の移転は大胆な取り組みですが、Las Vegasにとって新たなエンターテイメントの一形態となるでしょう。屋外イベントや観光客数の増加により、地域経済にも大きな利益をもたらすことが期待できます」と述べました。

報告書によれば、MGMリゾーツは今後もサイバーセキュリティの投資を継続し、F1のLas Vegasモータースピードウェイの移転計画を進めていく予定です。この動きは、ラスベガスの観光業界および地域経済に大きなインパクトを与えることが期待されています。