Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://bigislandnow.com/2023/10/24/police-remind-public-that-aerial-luminaries-are-illegal-after-three-reported-in-kau/

警察、カウでの3件報告後に公衆に空中ランタンの使用は違法であることを念頭に置くよう呼びかける

ハワイ州カウでの3件の報告に続いて、地域の警察署は市民に対し、空中ランタンの使用が違法であることを再確認するよう呼びかけました。

先日、カウでの空中ランタンの使用によって、火災の危険が生じる一連の事件が発生しました。警察によると、これらのランタンの一部は、住宅や周辺地域にまで飛散し、火災の原因となるおそれがありました。

ハワイ州法では、空中ランタンの点火・使用・販売は違法行為とされています。これは、火事やその他の災害のリスクを最小限に抑えるために設けられた規制の一環です。

警察署は、これらの事件を受けて、地域の住民や観光客に対し、空中ランタンの使用は法的に認められていないことを再度周知しました。空中ランタンの使用は火災を引き起こし、財産や人命を危険にさらす可能性があるため、絶対に避けるべきであるとのことです。

空中ランタンは、カウの美しい風景や夜空に魅力を与える一方で、安全上の危険をもたらす要素でもあります。警察当局は、住民や観光客が地域の規制を順守し、火災やその他の災害を未然に防ぐために協力することを強く求めています。

署長は声明の中で、「弊署は地域の安全を最優先に考えており、このような違法行為には断固とした措置をとる用意がある」と述べました。加えて、「一人ひとりの行動が地域全体の安全に影響を与えることを肝に銘じ、法を順守し、共同で安全な環境を維持していきましょう」と呼びかけました。

今回の事件を契機に、カウの地域では空中ランタンの使用に関する警戒が高まっています。住民や観光客は、祝祭や特別イベントの場での代替策を検討し、より安全な選択肢に目を向けることが大切です。警察署は、地域社会全体で協力し、火災リスクを最小限に抑えるための取り組みを進めていく意向を示しました。