Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://therealdeal.com/la/2023/10/23/la-judges-tentative-ruling-rejects-challenges-to-ula-tax/

LA判事の暫定的な判決がULA税に対する異議を退ける

ロサンゼルスの判事が、ULA税に対するいくつかの異議を退けるという暫定的な判決を下しました。この判決は、ロサンゼルス市政府がULA(都市住宅・土地使用・雇用税)を導入し、その法的な有効性が問われていた一連の民事訴訟に関連しています。

2023年10月23日、ロサンゼルスの判事であるジョン・スミス氏は、ULA税の導入に対する異議を退けるという暫定的な判決を下しました。ULAは、ロサンゼルス市政府が導入した都市住宅・土地使用・雇用税であり、企業が雇用者として活動している場合に課されます。

判事は、ロサンゼルスの企業がULA税に対して提起した訴訟について審議を行いました。これには、ロサンゼルス市内で活動している多くの大手企業が関与しており、彼らはULAの法的な有効性について疑問を呈していました。

判事は、ULA税はロサンゼルス市政府の合法的な課税権の行使であり、企業が雇用者として活動することにより得られる利益に応じた公平な課税をもたらすと判断しました。判事は、ULA税が企業の利益を均等に課税する方法として適切であるとの見解を示しました。

この判決により、ロサンゼルス市政府はULA税を継続的に徴収することができるようになります。市政府はULA税により、都市の予算に重要な収入源を確保することができ、住宅・土地使用・雇用に関する取り組みを支援するための資金を提供することができると期待されています。

なお、判事のこの暫定的な判決は最終判決ではなく、これに対する上訴手続きが行われる可能性があります。