Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://therealdeal.com/sanfrancisco/2023/10/22/san-franciscos-building-policies-can-create-nightmarish-obstacles/

サンフランシスコの建築ポリシーが悪夢のような障害を生み出す可能性があるという記事が取り上げられました。

最近のニュースによると、サンフランシスコの建築ポリシーが、開発者や建築家、そして住民にとって深刻な障害を生み出している可能性があることがわかりました。この問題は、地域の建設プロジェクトの進行を妨げており、新たな住宅の供給不足に拍車をかける恐れがあります。

この記事では、建築家のジョン・スミス氏が、サンフランシスコの建築プロセスに関する彼の経験を共有しています。スミス氏は、市が要求する繁雑な規制や多岐にわたる審査の遅延により、彼の建築プロジェクトが滞り、予定よりもはるかに長い時間がかかると語っています。

サンフランシスコ市の建築局によれば、都市のポリシーは建築の品質を確保するために存在していると主張していますが、スミス氏によると、これらの規制は適切な審査プロセスの不足やムダなバリアの設置により、建設業者や建築家にとって膨大な時間とコストの負担を強いていると述べています。

この問題はザ・リアル・ディールのインタビューで明らかになったものであり、建築業界や都市開発に深刻な懸念を引き起こしています。地域の住宅需要が高まる中で、新たな開発プロジェクトをすばやく推進することが必要ですが、市の厳格なポリシーはこの目標を達成する障害となりえます。

スミス氏は、建築プロセスを改善するために、市の当局と建築家の協力が必要であると主張しています。より効率的で迅速な審査プロセスや、不要な規制の緩和、コスト削減のための取り組みが求められています。

問題が解消されない場合、このようなポリシーは都市の建設業界に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。新規の住宅供給不足は、高騰する住宅価格と居住空間の不足により、住民にとってますます深刻な問題となっています。

地域の発展と住民のニーズを両立させるためには、サンフランシスコ市の建築ポリシーの抜本的な見直しや改善が不可欠とされています。建築業界や政府当局が協力し、より効果的で効率的な建築プロセスを確立することが求められています。