Thu. Apr 18th, 2024

画像の出所:https://www.kptv.com/2023/10/20/businesses-speak-measure-110-portland-metro-chamber-hosts-discussion-panel/

ポートランド メトロ チェンバーが討論パネルを主催し、企業がメジャー110との対話を行う

ポートランド – ポートランド・メトロ・チェンバーは、オレゴン州メジャー110法に関連し、対話を深めるための討論パネルを主催しました。このイベントでは、議論と情報の共有を通じて、地域の企業が互いに学び合い、意見を交換する貴重な機会が提供されました。

ポートランド市は、2020年に可決されたメジャー110法を採用し、非刑事的なドラッグ違法行為に対して科せられる刑罰を緩和しました。この法律の目的は、依存症を持つ人々により良い治療へのアクセスを提供し、逮捕や服役を通じた罰則に頼ることなく、サポートや治療オプションを提供することです。

ポートランド・メトロ・チェンバーは、この重要な問題についての対話を促進する目的で、討論パネルを開催しました。パネルにはポートランド市内のさまざまな業界の代表者が参加し、メジャー110の影響や可能なリスクについて意見を交換しました。

一部の企業は、メジャー110が彼らのビジネスにどのような影響を与えるのかについて懸念を示しました。彼らは、この法律が違法薬物使用を増加させる可能性があると懸念し、治安や労働環境に対する潜在的なリスクを議論しました。

一方、他の企業は、メジャー110が負担軽減の一助となる可能性を指摘しました。彼らは、この法律により非刑事的な逮捕や刑務所送りには頼らず、依存症治療に資金やリソースを割くことができると述べました。また、社会全体の視点から見ても、依存症問題はメンバー企業にも影響を及ぼす可能性があるため、積極的に支援する必要があると強調しました。

討論パネルは、異なる視点や意見を交換するだけでなく、地域の企業が依存症支援活動に参加するための方法や、コミュニティとの連携についても議論しました。ポートランド・メトロ・チェンバーの主催により、企業はお互いに知識を共有し、共同の目標に向かって協力する機会を得ました。

今後もポートランド・メトロ・チェンバーは、地域企業との対話を継続し、メジャー110法の影響と共に、依存症治療や予防活動への取り組みを進めていく予定です。地域の企業が一丸となり、依存症問題に対して効果的な対策を講じることに期待が寄せられています。