Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.thestranger.com/elections-2023/2023/10/19/79216699/the-strangers-endorsements-for-the-november-7-2023-general-election

**タイトル:2023年11月7日の総選挙に向けたザ・ストレンジャーの推薦**

2023年10月19日、シアトルの地元新聞「ザ・ストレンジャー」は、11月7日に予定されている2023年総選挙に向けて、候補者への推薦を公表しました。

「ザ・ストレンジャー」は、シアトルの市長、市議会、地方検事、学校委員会、公共事業委員会、さらにはポートコミッショナーなど、様々な役職について、推薦候補者を選定しました。

市長選挙においては、現職のジェニー・ダーラム市長を再選推薦しました。「ザ・ストレンジャー」は、ダーラム市長が市内の住宅問題や公共交通の改善、環境保護の推進など、シアトル市の進歩に取り組んできたことを評価しました。

市議会の選挙では、デビッド・ゴンザレス氏、テレサ・モスクアーダ氏、アンドリュー・ルイス氏、リチャード・H・プルエンダ氏、イーサン・ハーキンズ氏を推薦しました。これらの候補者は、シアトル市の住民に寄り添った政策の実現や市内の経済活性化、環境問題の取り組みを目指すなど、市民の利益を代表できると信じられています。

また、「ザ・ストレンジャー」は、地方検事の選挙でアリソン・ホルト博士を推薦しました。ホルト博士は、法の平等や公正な司法の実現を目指し、シアトル市の司法システムの向上に取り組んできたことが評価されました。

さらに、「ザ・ストレンジャー」は、学校委員会と公共事業委員会にも推薦候補者を選びました。学校委員会には、レベッカ・モイ氏、ラムズ・クラウド氏、ジェニー・フォックス氏、アンドレス・パス氏の4名を推薦しました。公共事業委員会では、グレース・ルイ氏を推薦しました。

最後に、「ザ・ストレンジャー」はポートコミッショナー選挙において、レイ・エドワーズ氏の再選を推薦しました。エドワーズ氏は、ポートオブシアトルの発展や地域経済の促進、労働者の権利保護などに注力してきたことが評価されました。

「ザ・ストレンジャー」の推薦候補者は、シアトル市の発展や市民の利益を考慮した選択であり、市民にとって重要な情報となるでしょう。11月7日の総選挙に向けて、候補者の政策やビジョンを調査し、より良い将来を目指す上での意思決定を行うことが望まれます。