Fri. Jun 21st, 2024

画像の出所:https://www.khou.com/article/news/nation-world/cruise-driverless-rideshare-federal-investigation/285-48310512-828d-401c-8b08-f592aaf5fe92

Cruise、自動運転車の配車サービスが連邦捜査に直面

サンフランシスコ – オートモーティブテクノロジー企業であるCruiseは、自社の自動運転車の配車サービスについて、連邦捜査を受けていることが判明しました。Cruiseは、乗客のない状態での運転テストを行っていたとされ、連邦自動車安全局(NHTSA)の法律違反の容疑があることが報告されました。

この連邦捜査により、乗客を乗せずに自動運転テストを行ったCruiseに対して、重大な問題が浮上する可能性があります。Cruiseは既に、自動運転車の公道テストの許可証を保有しており、それに基づいて運用を行っていました。しかし、NHTSAはこの訓練用テストに関する具体的な規制を設けているため、Cruiseの非公認のテストは法律違反となります。

Cruiseは、乗客のない状態での自動運転車の配車サービステストに関しては、内部で厳格な基準とガイドラインを設けていたことを主張しています。しかしながら、NHTSAの発表によると、Cruiseはこれまでに200回以上の警報や事故を報告しており、その内の30件以上は乗客のいない状態での事故だったとされています。

今回の連邦捜査は、Cruiseの自動運転テクノロジーの安全性について新たな見方を呼び起こす可能性があります。Cruiseは、過去にも運転手不要の車両の運用において議論の的となっており、テスラやウーバーなど他の自動運転企業と同様に、この問題に対する法的な厳粛対応が求められることとなりました。

Cruiseは連邦捜査に対し、調査に全面的に協力する姿勢を表明しており、自社のプロトコルと安全規制の改善に努めることを公約しています。この問題により、自動運転車技術の発展に懸念が投げかけられることも考えられます。今後、Cruiseと連邦捜査当局の対応が注目されます。