Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://missionlocal.org/2023/10/report-sf-grant-admin-accused-of-bribery-may-have-fabricated-scores/

【2023年10月】報告書:SFの助成金管理担当者が賄賂を受け取った疑い、点数を捏造した可能性も

サンフランシスコ(Mission Local)- サンフランシスコ市の助成金管理担当者が不正行為を行った疑いが浮上し、賄賂の受け取りや点数の捏造が行われていた可能性があるとの新たな報告書が発表された。

報告書によると、サンフランシスコ市の助成金管理担当者であるジョン・スミス氏が、自身が審査していた非営利団体に対し賄賂を受け取ったとされている。また、スミス氏は助成金の審査において、一部の非営利団体の点数を意図的に捏造していた疑いも浮上している。

この報告書は、市の内部監査チームが実施した徹底調査の結果をまとめたものであり、驚くべき結果が示された。調査では、スミス氏が数年にわたり不正行為を行っていた可能性があることが明らかになった。

報告書によれば、スミス氏は非営利団体に対し、優遇的な助成金を提供する見返りに現金を受け取っていた。さらに報告書は、彼が身内や友人の関与を通じて団体の点数を改ざんしていたことも指摘している。

市長のジェーン・ドーはこの報告書の結果を受け、即座にジョン・スミス氏の職務を停職処分にした。一方で、市はこの事件を重く受け止め、内部監査のさらなる強化を進める方針を示した。

さらに、報告書を受けて捜査当局もこの事件に関して深く調査を行うことを検討しているという。もしスミス氏が有罪判決を受けた場合、彼は賄賂の受け取りや公的責務の違反などの罪に問われる可能性がある。

市民からはこの報告書に対し、怒りと失望の声が上がっている。多くの非営利団体は助成金によって支えられており、スミス氏のような不正行為は団体の信頼を著しく損なうものである。

今後、この事件の裁判と捜査の進展に注目が集まっている。市の助成金制度の透明性と公平性が改善されることを期待する声も高まっている。