Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://sfstandard.com/2023/10/12/san-francisco-wants-to-cut-back-car-free-hayes-street/

サンフランシスコが、自動車の通行を制限したヘイズストリートの車両通行制限を緩和することを検討しています。

地元メディアによると、サンフランシスコのヘイズストリートでは、自転車や歩行者の安全確保を目的に、自動車の通行が制限されています。しかし、市当局は、この制限措置が地域の経済に悪影響を及ぼしている可能性があると指摘し、緩和策を模索しています。

サンフランシスコ市交通庁によると、ヘイズストリートの車両通行制限は、2019年から実施されてきました。この制限により、ヘイズストリート周辺の自転車や歩行者の安全が向上し、地元住民からも好評を得ていました。

しかし、この制限措置が敷かれて以降、ヘイズストリート周辺の小売店やレストランの売り上げが減少傾向にあるとの報告が相次いでおり、地域の活力が損なわれている可能性が指摘されています。このため、市当局は地域の活性化と交通安全のバランスを取るため、制限緩和の検討を始めたとのことです。

市交通庁のスポークスパーソンは、「ヘイズストリートの車両通行制限は、当初は地域の交通安全の改善に貢献した。しかし、現在は地元の事業にとって負担となっている可能性がある」と語りました。市当局は、ヘイズストリートにおける通行制限の緩和により、地元経済の活性化と地域の魅力向上を目指す考えです。

一方、この提案には賛否両論があります。通行制限の撤廃により、自動車の通行の増加や交通事故のリスクが懸念される一方で、地元の事業者からは経済へのプラスの影響が期待されています。

サンフランシスコ市は現在、地元住民や事業者からの意見を収集し、ヘイズストリートの車両通行制限に関する最終的な判断を下す予定です。地域の活性化と交通安全の両立を目指すこの問題について、市民参加型のディベートが行われる予定です。