Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://www.thecity.nyc/2024/04/03/housing-deal-albany-rent-good-cause-421a/?utm_source=newsshowcase&utm_medium=gnews&utm_campaign=CDAqEAgAKgcICjC19MELMNeP2QMwns3bAQ&utm_content=rundown

州議会、賃料「善意」条項を盛り込む住宅政策を合意

ニューヨーク州議会は、賃料上昇を抑制する「良識のルール」を住宅政策に盛り込むことで合意しました。また、住宅開発者に税減免を提供する制度「421a」についても再び取り上げることが決まりました。

この新しい規定は、賃料値上げを「善意」で行うことを義務付けるもので、賃貸物件を所有する開発業者による賃料増加を制限することを目的としています。また、この規定は、居住者が支払いを負担できるようにすることを目的としているため、住宅問題に取り組む上で重要な役割を果たすことが期待されています。

州議会では、この合意を受けて今後の公聴会を予定しており、住宅政策の改革に向けた取り組みを進めていくことを表明しています。また、田畑諒議員は「この新しい規定によって、市民が快適に住居を提供されることが保証されると確信している」と述べています。