Wed. Jul 24th, 2024

画像の出所:https://therealdeal.com/la/2023/10/25/redfin-to-try-commissions-not-agent-salaries-in-la-and-sf/

レッドフィン、LAとSFでエージェントの給与ではなく手数料モデルを試す

不動産テクノロジーカンパニーのレッドフィンは、ロサンゼルス(LA)とサンフランシスコ(SF)で新しい給与モデルを導入する計画を発表しました。このモデルでは、エージェントの給与をなくし、代わりに手数料モデルを採用します。

レッドフィンでは、エージェントの給与を削減し、手数料に着目することで、サービスの維持や拡大を図るとしています。これにより、市場の競争を活発化させ、より多くのエージェントが顧客に対して魅力的な手数料を提供することができると期待されています。

従来のエージェントの給与制度では、エージェントは固定給やボーナスなどの形で報酬を受け取っていました。一方、この新しい手数料モデルでは、エージェントの収入は取引ごとに変動し、成果に応じて支払われることになります。

レッドフィンのCEOであるグレン・ケログ氏は、「手数料モデルに移行することで、エージェントと会社双方の成果をより公平に評価し、成果主義のメリットを享受することができる」と述べました。

この新しいモデルは、LAとSFで試験的に導入される予定です。これにより、レッドフィンは市場における競争力を強化し、より多くの物件を取り扱える可能性が高まるでしょう。

一方で、エージェントの収入が変動するため、収入の安定性に不安を感じるエージェントもいるかもしれません。この新しいモデルが業界全体に波及するかどうかは不明ですが、レッドフィンの試みが成功した場合、他の不動産テクノロジーカンパニーにも影響を与える可能性があります。

レッドフィンの新しい給与モデルの導入予定日や他の地域での展開についてはまだ発表されていませんが、市場の反応と成果によっては、今後の事業展開に大きな影響を与えることができるでしょう。この動きは、不動産業界における新たなトレンドの始まりとなる可能性もあります。