Sun. Apr 14th, 2024

画像の出所:https://www.oregonlive.com/politics/2024/02/measure-110-helpline-still-barely-rings-but-it-costs-a-lot-more.html

新聞記事:

オレゴン州政府は、2020年に可決された医薬品問題に関する提案である110号提案に関連して、電話相談窓口を設置したが、そのコストが高騰していることが明らかになった。この窓口は、薬物依存症や精神障害といった問題を抱える人々に助言や支援を提供するために設けられたものである。

記事によると、110号提案には、このような窓口を設置するために50万ドルが予算として計上されていた。しかし、その運営コストは201万ドルにまで膨れ上がっているとのことだ。それにもかかわらず、この電話窓口への通話件数は非常に少なく、コスト対効果の観点から見直しの必要性が浮上している。

110号提案は、オレゴン州における医薬品関連の処遇法を改革することを目的としており、薬物依存症や精神障害を持つ人々に対する支援体制の強化を図っている。しかし、その一環として設置された電話相談窓口の効果的な運用には課題が残るようだ。

今後は、110号提案を運用する際に、適切な予算配分や効果的なサービス提供が行われるように、政府および関係機関がしっかりと見直しを行っていくことが求められるだろう。