Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://socketsite.com/archives/2023/11/the-best-of-san-francisco-living-now-listed-at-a-real-loss.html

サンフランシスコの生活のベストが、実際の損失でリストアップされている

サンフランシスコで最も贅沢な住宅として知られるタワーレジダンス。しかし、最近の財務報告によれば、このステートオブザアートの住居は現在、実際の損失で売り出されていることが明らかになった。

この高層住宅は、紀元前駐車場開発の一環として建設されたものであり、その設計や設備には多額の投資がされていた。しかし、イーストベイの富裕層が需要を引き起こすことはなく、価値の低下が続いているという。

この住宅タワーは、広々としたプライベートテラスや壮大な景色を提供している。それにもかかわらず、最初の評価から依然として20%以上の価値が剥落していると推定される。

不動産専門家によると、ステートオブザアートの住居は、最初の購入価格から数百万ドル以上の損失を出しており、これは地域の不況によるものだとのことだ。

このタワーレジダンスの所有者は、高品質の設計や充実したアメニティにもかかわらず、平均的なサンフランシスコ市民には手の届かない価格設定を採用していた。このため、売り出されることになった住居に購買意欲を持つ富裕層も限られていたとされる。

この事態に対し、不動産市場の専門家は、当初のプロジェクト設計時に需要と販売可能性を正しく見極めるべきだったと述べている。特に地域の景観や首都の不況を考慮する必要があると指摘している。

また、市民の多くは、このような高級住宅がサンフランシスコ市内の景観と文化にふさわしくないと考えている。彼らは、より現実的な住宅需要に焦点を当てるべきだと主張している。

タワーレジダンスの価格変動に注目が集まる中、将来的な解決策を模索する必要がある。不動産業界や都市計画者、地域住民は、より持続可能な住宅開発のために連携し、都市の枠組みが適切に維持されるよう努力する必要があるだろう。