Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://curiocity.com/off-the-grid-treehouse-perkins-lane/

オフグリッドの逃避場所、パーキンス・レーンの木の家

シアトル – シアトルの木々に囲まれたパーキンス・レーンに、現代の逃避場所が登場した。この新たなるオフグリッドの宿泊施設は、都会の喧騒を忘れ、自然と共存する贅沢な経験を提供している。

その施設は、木々に囲まれた静かな土地に完璧に溶け込んでおり、シアトルの市街地から数分の場所に位置している。家主のパーキンス氏によれば、この場所は「現代社会からの逃避場所」として設計されているという。

この木の家は、持続可能性とエコロジーに重きを置いたデザインが特徴である。ソーラーパネルを活用した電力供給や下水処理システムなど、従来のインフラストラクチャーを必要とせず、自立している。このため、訪れるゲストは都市の煩わしさから解放され、自然界の一部としてリラックスできるのだ。

具体的な内装としては、カリフォルニア州出身のデザイナー、ジェームズ・ウーによるシンプルながら快適な空間が提供されている。天井の高さや広々としたスペースを活かした設計は、自然と調和しゲストに落ち着きをもたらしてくれる。

さらにこの施設では、バルコニーから見渡せる豪華な眺望も魅力のひとつである。周囲の緑に囲まれた美しい風景を望むことができ、都会生活から離れた時間を過ごすことができる。

この木の家は、シアトルの宿泊施設として注目を浴びつつあり、多くの人々が自然への憧れを叶えるために訪れている。パーキンス氏も、「この場所を通じて、ゲストが自然との絆を再発見し、癒やされることを望んでいる」と語っている。

今後、このオフグリッドの木の家はより多くの人々に利用される予定であり、シアトルの都市生活から離れ、自然と一体化したリフレッシュな体験を求める人々にとって、魅力的な選択肢となっていくことだろう。