Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.koin.com/news/oregon/2-national-tech-hubs-coming-to-oregon-for-semiconductor-housing-focus/

日本には、半導体ハウジングに焦点を当てた2つの国家的なテックハブがオレゴン州に設置されることとなった。

オレゴン州ポートランドには、テキサス州オースティンに本拠を置くアメリカの半導体企業であるシーメンス(Siemens)が、数百万ドルを投資して新たな半導体ハウジングチップを建設することが明らかになった。これは、シーメンスにとって初のオレゴン州でのプロジェクトとなる。

一方、サンフランシスコに拠点を置くクラウドコンピューティング企業のエクスペディア(Expedia)もオレゴン州ヒルズボロに新たなデータセンターを建設する計画を発表した。エクスペディアは、ヒルズボロの地にハイテクハブを創設することで、企業のインフラ拡充に注力していく予定であり、このプロジェクトはエクスペディアの新たな戦略の一環となる。

これにより、オレゴン州は半導体産業やテック業界においてますます重要な役割を果たすこととなる。これらのテックハブは、技術のイノベーションを促進するだけでなく、地域経済の発展にも大いに貢献することが期待されている。

オレゴン州知事のケイト・ブラウンは、これらのプロジェクトがオレゴン州に新たな雇用機会をもたらし、地域経済の多様化に寄与することを歓迎している。シーメンスとエクスペディアの投資により、オレゴン州はますますテクノロジー産業の一大拠点としての地位を確立することが期待されている。

オレゴン州は、半導体ハウジング分野におけるテック業界との連携を通じて、高度な技術と新たなビジネスチャンスを生み出すことを目指している。これらのプロジェクトは、オレゴン州のテック業界への投資と発展に新たな節目を打ち立てるものと期待されている。