Sun. May 26th, 2024

画像の出所:https://www.rochesterfirst.com/new-york-state/how-many-registered-hunters-live-in-new-york/

ニューヨーク州には、どのくらいの登録猟師がいるのでしょうか。ニューヨーク州の公式ウェブサイトによると、2020年の時点でニューヨーク州には合計607,306人の登録猟師がいることが明らかになりました。

この数字は、ニューヨーク州の猟師登録データベースに登録されている人数を反映しています。ニューヨーク州は、狩猟を行うためには登録が必要であり、これは猟師が環境保護や野生生物の保存など、安全かつ責任ある狩猟行動をとることを促進するためのものです。

また、このデータは、各郡ごとの登録猟師数にも分けられています。最も多い登録猟師を抱えるのは、エリー郡であり、26,201人の登録猟師がいます。次に多いのは、カトランド郡とデラウェア郡で、それぞれ23,021人と22,802人の登録猟師がいます。

ニューヨーク州の登録猟師数は、州内の人口や狩猟の人気の大きさを反映しています。狩猟は、ニューヨーク州の重要な伝統的な活動であり、多くの人々にとっては楽しみながら自然とふれあう機会となっています。

それに加えて、猟師登録の数は、ニューヨーク州が自然保護と野生生物管理に注力していることを示しています。登録猟師は、狩猟を通じて野生生物の個体数や保全状況を監視し、適切な管理を行う役割を果たしています。

ニューヨーク州では、登録猟師の数が増えることで、環境保護や自然の保全を進めることができる一方で、狩猟活動の適切な監視と管理が求められることもあります。州当局は、これらの課題に対して継続的な取り組みを行い、持続可能な猟獲管理を確保するための施策を講じることが重要とされています。

今後も、ニューヨーク州における登録猟師の数は変動することが予想されます。狩猟の人気や州の自然環境、野生生物の状況などに応じて、登録猟師数が変化する可能性があるため、その動向に注目が集まっています。