Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.nbcnewyork.com/news/local/nyc-continues-right-to-shelter-battle-in-court/4785430/

ニューヨーク州政府は、ニューヨーク市の義務化された住居提供権についての法的争いを継続しています。最高裁判所の判事が、住宅保護を求める権利が州憲法に保護されているとの意見を示しました。

この法的争いは、ホームレスの人々がニューヨーク市の住居提供プログラムにアクセスできるかどうかを巡っています。州政府は、ホームレスの人々が直ちに住宅にアクセスできるようにするため、義務化された住居提供プログラムを導入しました。

しかし、一部のニューヨーカーは、このプログラムが民間の不動産業界に過剰な負担をかける恐れがあると主張しています。彼らは、政府による住居提供の義務化が消費者への支払いによって負担され、民間業者が公平な競争条件の中で事業を行う機会を奪われる可能性があると懸念しています。

最高裁判所の判事は、この争いに関して、州憲法に基づいて住宅保護を求める権利があることを明確にしました。ニューヨーク州は、住居を保護する義務を負っており、市の住居提供プログラムはその責任を果たしていると判断されました。

この判断により、ニューヨーク市は住居提供プログラムを継続し、ホームレスの人々が人間らしい生活を送るための基盤を提供することができます。市政府は、このプログラムが適切に管理され、市の経済と民間業界に公平な負担がかからないようにするための対策を講じることが示唆されています。

ニューヨーク市の約6万人以上のホームレスの人々にとって、この判決は重要な勝利となりました。彼らは、市の支援によって安全で安定した住居を提供されることで、より良い未来を追求することができるでしょう。

法的争いはまだ終わっていませんが、ニューヨーク市政府は住居提供に関する義務を果たす意欲を示しています。今後も引き続き、市の住居提供プログラムの改善と、市民と民間業界の両方にとって公正な条件を確保するための努力が期待されています。