Mon. Apr 15th, 2024

画像の出所:https://www.thecity.nyc/2023/10/18/renters-guide-voucher-income-discrimination-apartments/

賃貸住宅ガイド:家賃補助の収入差別について

ニューヨーク市内—ロビン・ジョンソンさん(仮名)は、手に入れた家賃補助制度の証書を見せてもなお、多くの不動産会社から差別的な取り扱いを受けたと訴えています。

ジョンソンさんは、ニューヨーク市が提供する家賃補助プログラムである「ヴァウチャープログラム」の利用者です。このプログラムは家賃補助を受ける申請者をサポートし、低所得者や困窮者の住宅事情を改善することを目的としています。

ところが、ジョンソンさんが新しい住居を探そうとした際、彼女は不動産会社から「ヴァウチャー受給者は受け入れられない」「信用情報が不十分」「キャンセルが心配だ」といった差別的な理由で断られました。

このような差別的な扱いは、家賃補助プログラムの利用者にとって大変厳しい問題となっています。ジョンソンさんは、「私たちは支援を受けながら新たな住居を見つけるために努力しているのに、なぜこんなにも差別されるのか」と嘆いています。

ニューヨーク市は、この問題に対して真剣に取り組んでいます。市当局者は、不動産業界や他の関係団体と協力して、家賃補助プログラム利用者への差別を解消するための具体的なガイドラインを作成することを明らかにしました。

さらに、市は不動産業者に対して教育や啓蒙も行い、彼らに家賃補助プログラム利用者へのフェアな取り扱いを求める予定です。家賃補助の収入差別は法律で禁止されているため、市は積極的な取り締まりも行い、違反者に対して厳しい措置を取る考えです。

この問題については、市内の団体や支援者たちも声を上げています。ジョンソンさんを含む多くの家賃補助プログラム利用者が不当な差別を受けている現状を改善するために、彼らは市に対して改革を求めています。

ニューヨーク市の住宅局長は「家賃補助プログラム利用者は、市の一員であり、彼らに公正な住宅選択の機会を提供する義務があります」とコメント。彼らは現在、市内のあらゆる住宅を提供する不動産会社と協力して、違法な差別撤廃のための具体的な措置を講じています。

このような取り組みにより、家賃補助プログラム利用者がより公平に住宅を選ぶことができるようになることが期待されています。ニューヨーク市は、低所得者や困窮者が安全で適切な住まいに恵まれる社会を実現するため、さらなる努力を続けるでしょう。