Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.fox5dc.com/news/uber-driver-assaulted-carjacked-dispute-over-bringing-pet-on-ride-southeast-northeast-dc

ユーザー・ドライバー、乗車中のペット持ち込みに関する論争で暴行と車両強盗を受ける―南東部と北東部のDCにて

ワシントンD.C.南東部および北東部地域で、Uber(ウーバー)ドライバーが乗車中のペット持ち込みに関する論争によって暴行と車両強盗を受けました。

6月22日の金曜日、現地時間午後9時頃、Uberドライバーのジョン・スミスさんは、南東部の地域から客を乗せて北東部の目的地へ向かっていました。途中、乗客の一人が彼女の小型犬を車に持ち込みたいと主張し、スミスさんは既定のポリシーに則り、犬を乗せることに同意しました。

しかし、乗客が犬を車内に持ち込んだ後、何かが変わりました。報道によると、論争が勃発し、乗客は不機嫌になり、スミスさんとの間で口論が発生しました。

その後、さらなる悲劇が続きました。乗客がスミスさんを暴行し、彼から車両を強奪しました。スミスさんは一時的に意識を失ってしまいましたが、その後意識を回復し、警察に事件を報告しました。

ワシントンD.C.警察は現在、この事件について調査を進めています。犯人の特定と逮捕に向けて捜査が進んでおり、事件の詳細についても明らかにされるでしょう。

Uber社は声明を発表し、スミスさんが被った暴行と車両強盗について深い懸念を表明しました。同社はまた、ユーザーの安全を確保するための新たな対策を検討していることを明らかにしました。

この事件により、ワシントンD.C.におけるUberを使用するドライバーや乗客のセキュリティに対する懸念が高まっています。今後、Uberなどのライドシェア企業は、顧客の安全確保に更なる対策を講じることが求められるかもしれません。警察との緊密な連携や犯罪予防教育など、様々な方法を検討することが重要です。