Sat. Apr 20th, 2024

画像の出所:https://www.kiro7.com/news/local/residents-have-mixed-feelings-over-large-ad-wash-ferry/3MFKBQXGGBF7JGWZJJSY2GVFYA/

大型の広告がワシントン州のフェリーに掲示されることに対して、住民の間で賛否両論が巻き起こっています。

ワシントン州のキング郡に住む人々は、州のフェリーでの広告表示について、賛否が分かれています。この広告は、ワシントン州フェリーシステムとの契約に基づき、大手企業がフェリーの船体に広告を掲示するというものです。

この広告をめぐっては、多くの住民が景観の損失や自然環境への悪影響を心配しています。特に、州内の美しい景色と調和していない広告が、住民たちの眺めを台無しにしてしまうのではないかという懸念が広がっています。

一方で、広告掲示によってフェリーの運行費用を安くすることができるとする意見もあります。フェリーシステムは、広告収入に頼って運営されており、広告の掲示によって予算が改善されれば、フェリーの運賃を下げることができるかもしれません。

この議論を受けて、ワシントン州の交通部門は、住民の声を重視し、広告掲示に関するガイドラインを作成することを発表しました。このガイドラインは、景観保護や広告の内容などの規制を明確化することで、住民の不安を緩和するために活用される予定です。

このガイドラインの導入については、ワシントン州内外から注目が集まっています。今後、フェリーに掲示される広告の内容やデザインなどについて、より具体的なルールが策定される予定です。

住民の中には、広告はフェリーの運賃を下げるための手段として理解を示す一方、自然環境への影響を心配する声も根強いです。地元のコミュニティや環境保護団体との協議を重ねながら、ワシントン州は広告表示に関する適切なバランスを模索することになりそうです。